即日融資を成功されるために、準備しておくべきことは?

事前に公式サイトで必要書類を確認し、揃えておくこと!

事情があって、どうしても即日融資をしてほしいと思うことは、誰にでも起こりうると思います。
とはいえ、申し込んだその日に即日融資をしてもらうためには、きちんと事前に準備をしておく必要があります。

まず、自分が申し込もうとしている金融機関のカードローンの申し込みに際に、申し込み条件や必要書類を調べておくことをおすすめします。
カードローンの審査の際には、職場への在籍確認が不可欠です。
即日融資の場合は、職場に電話連絡をしてもらう方が、審査がスピーディーに進みます。

とはいえ、中には職場に電話がかかってくることを良しとしない人もいることでしょう。

その場合、申し込みをする金融機関が、通常より提出書類を多くするように指示することが多いです。

その書類すべてが用意できないと、即日融資を受けるのが難しくなります。
事前にきちんと確認し、書類をすべて整えた上で、カードローンの申し込みをするようにしましょう。

在籍確認ができる日の早い時間に申し込みをしよう!

即日融資をする場合、申し込みは午前中に終わらせるのが鉄則です。
金融機関は申し込みがあった順番に審査を行っていきますし、銀行は営業時間内に間に合わなかった申し込みは翌日に処理します。
そのため、自分の在籍確認ができる日の早い時間帯に、カードローンの申し込みをしておくことをおすすめします。

この場合、平日であることが大前提です。

また、より確実に即日融資をしてほしいなら、インターネットで申し込みをしておくのもおすすめです。

即日融資の場合は、ローンカードの発行を待たず、指定口座に振り込みでの貸し付けを行います。
指定口座に当日中に着金するためには、14時前後という決められた締め切り時間前に、振り込み手続きをとってもらう必要があります。

そのため、審査が終わり、振り込み完了までが14時に終わるように、逆算して準備を進めることが大事なのです。
WEBでの申し込みは24時間行われているので、前日の夜に申し込みをしておくと安心でしょう。

また、確実に即日融資を受けたいなら、消費者金融や自動契約機で手続きを行う方が確実です。

その場合も、必要書類をすべて整えて、申し込みをすることには変わりありません。
また、消費者金融の場合は、銀行振り込みに間に合わなくても、自動契約機でローンカードを受け取れるところがあるので、あらかじめリサーチしておきましょう。

口座を持っている銀行だと、カードローンの審査が有利な理由とは

給与振り込みや生活口座として使っているから、お金の流れがわかる!

銀行カードローンは、口座を持っていなくても、申し込むことはできます。

ですが、口座がある銀行に申し込む方が、有利な点があることを知っていますか?
特に、給与振り込みや生活口座として使っている銀行があれば、そこに申し込むのが一番です。

というのも、銀行口座を開設する際に、すでに本人確認書類を提出していますし、給与や公共料金、カードの引き落としなどもセットされていれば、銀行側は収入や消費傾向をすぐに把握することができます。

そのため、審査に時間がかからず、問題なければ融資が実行されるのも早くなるのです。
メガバンクに限らず、地方銀行でもカードローンは用意されていますし、公式サイトを通じて、24時間申し込みができるところが増えています。
口座のないメガバンクに申し込むよりも、すでに口座を持つ地方銀行でカードローンを借りる方が、もしかしたら審査に通りやすいかもしれません。
まず、試してみることをおすすめします。

口座から自動引き落としにできるので、余計な手数料も不要!

そしてもう一つ、すでに口座を持っている銀行からカードローンを借りるメリットとして、返済を口座引き落としにできることがあります。
口座を持っていない銀行に申し込んだ場合、返済は提携ATMを利用したり、指定口座に振り込みをすることになります。

その際、利用手数料を必要とするところも多いはずです。
返済回数が多ければ多いほど、この利用手数料の累計額が増えていきます。

その点、口座からの引き落としであれば、利用手数料がかかることはありません。
これも、銀行カードローンを借りる上で、とても大事なポイントです。

1回は100円程度であっても、それが10回かかれば1,000円、100回かかれば10,000円にもなります。
この積み重ねが、返済総額に重くのしかかってくるのです。

また、生活口座として利用しているのであれば、返済のためにお金を移す手間も省けます。
銀行によっては、ATMで現金を引き出そうとしたときに、カードローンの申し込み表zが出ることがあります。

これは、その時点で審査が終わっているので、申し込めば確実に融資を受けられます。
きちんと返済を続けていれば、増額もしやすいので、ぜひすでに取引実績のある銀行で、カードローンを借りることを検討してみましょう。
その際、メガバンクと金利を比較することは、忘れないでくださいね。