カードローンにはローンカードの有無により違いがあります

カードローンを提供している銀行と消費者金融では、適用される法律が銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という違いがあります。カードローンを利用する上では、貸金業法に基づく総量規制に気をつける点が消費者金融には必要ですが、銀行カードローンでは総量規制適用外ですから、借り入れ可能額に違いが出てきます。ローンカードを発行するかどうかは金融業者ごとに異なるので、銀行と消費者金融といった違いではなく、借り入れと返済方法に対する各金融業者の考え方によるでしょう。
ローンカードを発行するためには、銀行ならばテレビ窓口、消費者金融ならば自動契約機による受取を行なうと、早く手元に入手出来ます。郵送でローンカードの送付を行うことが多いのは確かですが、家族に内緒でカードローンを利用したい場合などは、自動契約機により個人的に受け取ることが必要になるでしょう。
一方、銀行に限られますが、ローンカードを発行せずに、既存のキャッシュカードにカードローン契約を付加する方法もあります。また、完全なカードレスタイプのカードローンを提供している消費者金融では、全てのやりとりをweb経由で行なうことで、コスト削減効果と共に利用者にとっても周囲にバレにくいという利点があります。
お金借りるならどこがいい?みんなが選んだカードローンランキングを見てみましょう。
カードローンを申し込むならオリックスのカードローンもいいです。金利が低く、上限金額を自分の年収に合わせて加入できるオリックスカードローンならば、カードローンでキャッシングしたくなった時にいつでも使うことができるので、気軽に使えるローンとして重宝します。
オリックスカードのカードローン加入時の審査については、収入状況の審査とこれまでの債務の経歴などを入念に調べてからの審査通過となります。定職を持っていればきちんと審査を通過できるので、安心して大丈夫です。キャッシング初心者の方は、大企業が運営しているオリックスカードローンを使うことにしましょう。
オリックスカードローンは使うことによって特典を受けられるケースもあります。キャンペーン期間など、気になる方はご自分で調べてみてください。利率が低くて総返済額が低額で抑えられるようなローンを探したい場合にはそれなりにローン審査基準が厳しいので、それを踏まえて、サラリーマンの強い味方のオリックスカードローンで月々無理のない返済計画の融資を受けてみることにしましょう。

プロミスでキャッシングする前に知っておきたい基本事項

消費者金融業者の中でも最大手である「プロミス」。
最大手という安心感からキャシングならプロミスでと考える方も少なくないでしょう。
プロミスの人気の秘密は、最大手ならではの安心感ということばかりではなく、時代にあった新しく豊富なサービスを利用者の視点に立って提供しているという点からもわかります。
ここでは、新たに「プロミス」でキャッシングしたいとお考えの方のために、プロミスでのキャッシングに必要な基本的な事項にお話していきます。
ご存知の通り、プロミスは、消費者金融業者に属しています。
そのため、貸金業法に則った営業をしなければならず、総量規制の対象となり年収の3分の1以上の貸し付けはできないのです。
プロミスは、申し込みの条件として、年齢を20歳-69歳とし、本人に安定した収入があることとしています。
また、パート勤務やアルバイト、そして、主婦や学生など幅広く申し込み対象として挙げられてはいますが、こちらも安定した収入があることが前提となっています。
ですので、上記の総量規制から見ても、少額融資に関しては、利便性も高く、融資までのスピードも速いため使い勝手のいい商品ではありますが、低所得者の高額融資となると借入のハードルが高いかもしれません。
また、申し込みの際に忘れてはならないのが、審査のための提出書類です。
では、プロミスでは、申し込み時にどのような書類が必要になるのでしょうか。
まず、申し込み書類について確認しておきたいことは、来店による申し込みとWeb申し込みでは定められた提出書類に違いがあるということです。
来店して契約する場合には、「健康保険証」に加えて1点、例えば住民票など合計2点の本人確認書類が必要になります。
一方、Web申し込みに定められている書類は、本人確認書類1点です。。
この本人確認書類には、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証と住民票」のいずれかでよいと定められています。

借入金額によって提出書類が違う!?どんな書類が必要なのか?

このようにプロミスのキャッシングは、利用限度額500万円で印鑑も担保も保証人の必要もなく、本人確認書類を準備することができれば、その場で審査、キャッシングが可能とあって人気の高い商品です。
また、申し込みの方法も来店、郵送、Webなど自分に合った方法から選ぶことができるところも魅力ですが、最近では、インターネットの普及やスマホの性能が上がったことなどから、Web申し込みを選択する方も増えています。
では、Web申し込みの場合、借り入れまでにはどのような手続きが必要なのでしょうか。
融資までの流れは、簡単に説明すると以下のようになります。
申込完了→職場への在籍確認電話→書類提出→本人確認書類の送付→契約内容確認の電話
契約内容確認のお願い→承諾→振込融資実施
なお、在籍確認と契約内容確認の電話以外は、全てメールでのやり取りですので、自分の都合で申し込みから融資までが可能なのです。
ただし、ここで把握しておきたいことが、あります。
それは、提出書類についてです。
前述したように、プロミスのキャッシングに必要な提出書類は、Web申し込みに関していえば本人確認1点となっているのですが、実は、希望融資額によっては提出しなければならない書類が増えることになります。
それは、「プロミスの利用限度額が50万円を超える場合」「プロミスの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合」そして、「最終利用日に使用した収入証明書の発行日が3年以上経過している場合」です。
その場合には、本人確認書類に加えて、収入証明書を提出することを求められることになります。
では、収入証明書は、どのような書類を指すのでしょうか。
プロミスが指定している収入証明書には、「源泉徴収票」「確定申告書」「税額通知書」「所得証明書」「給与明細書」があり、そのいずれか1点を提出することになります。
ただし、提出には、直近に発行されたものということが原則となっていますので、その点には注意が必要です。
また、この収入証明の提出によっては、利用限度額に制限がかかることや提出しない場合には、借入ができないということにもなりかねませんので、申し込み事前に、他社からの借入金額と借入予定金額を合算するといくらになるのかなど、借入金額の整理をした上で申し込みをされることをおすすめします。