即日融資を成功されるために、準備しておくべきことは?

事前に公式サイトで必要書類を確認し、揃えておくこと!

事情があって、どうしても即日融資をしてほしいと思うことは、誰にでも起こりうると思います。
とはいえ、申し込んだその日に即日融資をしてもらうためには、きちんと事前に準備をしておく必要があります。

まず、自分が申し込もうとしている金融機関のカードローンの申し込みに際に、申し込み条件や必要書類を調べておくことをおすすめします。
カードローンの審査の際には、職場への在籍確認が不可欠です。
即日融資の場合は、職場に電話連絡をしてもらう方が、審査がスピーディーに進みます。

とはいえ、中には職場に電話がかかってくることを良しとしない人もいることでしょう。

その場合、申し込みをする金融機関が、通常より提出書類を多くするように指示することが多いです。

その書類すべてが用意できないと、即日融資を受けるのが難しくなります。
事前にきちんと確認し、書類をすべて整えた上で、カードローンの申し込みをするようにしましょう。

在籍確認ができる日の早い時間に申し込みをしよう!

即日融資をする場合、申し込みは午前中に終わらせるのが鉄則です。
金融機関は申し込みがあった順番に審査を行っていきますし、銀行は営業時間内に間に合わなかった申し込みは翌日に処理します。
そのため、自分の在籍確認ができる日の早い時間帯に、カードローンの申し込みをしておくことをおすすめします。

この場合、平日であることが大前提です。

また、より確実に即日融資をしてほしいなら、インターネットで申し込みをしておくのもおすすめです。

即日融資の場合は、ローンカードの発行を待たず、指定口座に振り込みでの貸し付けを行います。
指定口座に当日中に着金するためには、14時前後という決められた締め切り時間前に、振り込み手続きをとってもらう必要があります。

そのため、審査が終わり、振り込み完了までが14時に終わるように、逆算して準備を進めることが大事なのです。
WEBでの申し込みは24時間行われているので、前日の夜に申し込みをしておくと安心でしょう。

また、確実に即日融資を受けたいなら、消費者金融や自動契約機で手続きを行う方が確実です。

その場合も、必要書類をすべて整えて、申し込みをすることには変わりありません。
また、消費者金融の場合は、銀行振り込みに間に合わなくても、自動契約機でローンカードを受け取れるところがあるので、あらかじめリサーチしておきましょう。

口座を持っている銀行だと、カードローンの審査が有利な理由とは

給与振り込みや生活口座として使っているから、お金の流れがわかる!

銀行カードローンは、口座を持っていなくても、申し込むことはできます。

ですが、口座がある銀行に申し込む方が、有利な点があることを知っていますか?
特に、給与振り込みや生活口座として使っている銀行があれば、そこに申し込むのが一番です。

というのも、銀行口座を開設する際に、すでに本人確認書類を提出していますし、給与や公共料金、カードの引き落としなどもセットされていれば、銀行側は収入や消費傾向をすぐに把握することができます。

そのため、審査に時間がかからず、問題なければ融資が実行されるのも早くなるのです。
メガバンクに限らず、地方銀行でもカードローンは用意されていますし、公式サイトを通じて、24時間申し込みができるところが増えています。
口座のないメガバンクに申し込むよりも、すでに口座を持つ地方銀行でカードローンを借りる方が、もしかしたら審査に通りやすいかもしれません。
まず、試してみることをおすすめします。

口座から自動引き落としにできるので、余計な手数料も不要!

そしてもう一つ、すでに口座を持っている銀行からカードローンを借りるメリットとして、返済を口座引き落としにできることがあります。
口座を持っていない銀行に申し込んだ場合、返済は提携ATMを利用したり、指定口座に振り込みをすることになります。

その際、利用手数料を必要とするところも多いはずです。
返済回数が多ければ多いほど、この利用手数料の累計額が増えていきます。

その点、口座からの引き落としであれば、利用手数料がかかることはありません。
これも、銀行カードローンを借りる上で、とても大事なポイントです。

1回は100円程度であっても、それが10回かかれば1,000円、100回かかれば10,000円にもなります。
この積み重ねが、返済総額に重くのしかかってくるのです。

また、生活口座として利用しているのであれば、返済のためにお金を移す手間も省けます。
銀行によっては、ATMで現金を引き出そうとしたときに、カードローンの申し込み表zが出ることがあります。

これは、その時点で審査が終わっているので、申し込めば確実に融資を受けられます。
きちんと返済を続けていれば、増額もしやすいので、ぜひすでに取引実績のある銀行で、カードローンを借りることを検討してみましょう。
その際、メガバンクと金利を比較することは、忘れないでくださいね。

カードローンにはローンカードの有無により違いがあります

カードローンを提供している銀行と消費者金融では、適用される法律が銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という違いがあります。カードローンを利用する上では、貸金業法に基づく総量規制に気をつける点が消費者金融には必要ですが、銀行カードローンでは総量規制適用外ですから、借り入れ可能額に違いが出てきます。ローンカードを発行するかどうかは金融業者ごとに異なるので、銀行と消費者金融といった違いではなく、借り入れと返済方法に対する各金融業者の考え方によるでしょう。
ローンカードを発行するためには、銀行ならばテレビ窓口、消費者金融ならば自動契約機による受取を行なうと、早く手元に入手出来ます。郵送でローンカードの送付を行うことが多いのは確かですが、家族に内緒でカードローンを利用したい場合などは、自動契約機により個人的に受け取ることが必要になるでしょう。
一方、銀行に限られますが、ローンカードを発行せずに、既存のキャッシュカードにカードローン契約を付加する方法もあります。また、完全なカードレスタイプのカードローンを提供している消費者金融では、全てのやりとりをweb経由で行なうことで、コスト削減効果と共に利用者にとっても周囲にバレにくいという利点があります。
お金借りるならどこがいい?みんなが選んだカードローンランキングを見てみましょう。
カードローンを申し込むならオリックスのカードローンもいいです。金利が低く、上限金額を自分の年収に合わせて加入できるオリックスカードローンならば、カードローンでキャッシングしたくなった時にいつでも使うことができるので、気軽に使えるローンとして重宝します。
オリックスカードのカードローン加入時の審査については、収入状況の審査とこれまでの債務の経歴などを入念に調べてからの審査通過となります。定職を持っていればきちんと審査を通過できるので、安心して大丈夫です。キャッシング初心者の方は、大企業が運営しているオリックスカードローンを使うことにしましょう。
オリックスカードローンは使うことによって特典を受けられるケースもあります。キャンペーン期間など、気になる方はご自分で調べてみてください。利率が低くて総返済額が低額で抑えられるようなローンを探したい場合にはそれなりにローン審査基準が厳しいので、それを踏まえて、サラリーマンの強い味方のオリックスカードローンで月々無理のない返済計画の融資を受けてみることにしましょう。

プロミスでキャッシングする前に知っておきたい基本事項

消費者金融業者の中でも最大手である「プロミス」。
最大手という安心感からキャシングならプロミスでと考える方も少なくないでしょう。
プロミスの人気の秘密は、最大手ならではの安心感ということばかりではなく、時代にあった新しく豊富なサービスを利用者の視点に立って提供しているという点からもわかります。
ここでは、新たに「プロミス」でキャッシングしたいとお考えの方のために、プロミスでのキャッシングに必要な基本的な事項にお話していきます。
ご存知の通り、プロミスは、消費者金融業者に属しています。
そのため、貸金業法に則った営業をしなければならず、総量規制の対象となり年収の3分の1以上の貸し付けはできないのです。
プロミスは、申し込みの条件として、年齢を20歳-69歳とし、本人に安定した収入があることとしています。
また、パート勤務やアルバイト、そして、主婦や学生など幅広く申し込み対象として挙げられてはいますが、こちらも安定した収入があることが前提となっています。
ですので、上記の総量規制から見ても、少額融資に関しては、利便性も高く、融資までのスピードも速いため使い勝手のいい商品ではありますが、低所得者の高額融資となると借入のハードルが高いかもしれません。
また、申し込みの際に忘れてはならないのが、審査のための提出書類です。
では、プロミスでは、申し込み時にどのような書類が必要になるのでしょうか。
まず、申し込み書類について確認しておきたいことは、来店による申し込みとWeb申し込みでは定められた提出書類に違いがあるということです。
来店して契約する場合には、「健康保険証」に加えて1点、例えば住民票など合計2点の本人確認書類が必要になります。
一方、Web申し込みに定められている書類は、本人確認書類1点です。。
この本人確認書類には、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証と住民票」のいずれかでよいと定められています。

借入金額によって提出書類が違う!?どんな書類が必要なのか?

このようにプロミスのキャッシングは、利用限度額500万円で印鑑も担保も保証人の必要もなく、本人確認書類を準備することができれば、その場で審査、キャッシングが可能とあって人気の高い商品です。
また、申し込みの方法も来店、郵送、Webなど自分に合った方法から選ぶことができるところも魅力ですが、最近では、インターネットの普及やスマホの性能が上がったことなどから、Web申し込みを選択する方も増えています。
では、Web申し込みの場合、借り入れまでにはどのような手続きが必要なのでしょうか。
融資までの流れは、簡単に説明すると以下のようになります。
申込完了→職場への在籍確認電話→書類提出→本人確認書類の送付→契約内容確認の電話
契約内容確認のお願い→承諾→振込融資実施
なお、在籍確認と契約内容確認の電話以外は、全てメールでのやり取りですので、自分の都合で申し込みから融資までが可能なのです。
ただし、ここで把握しておきたいことが、あります。
それは、提出書類についてです。
前述したように、プロミスのキャッシングに必要な提出書類は、Web申し込みに関していえば本人確認1点となっているのですが、実は、希望融資額によっては提出しなければならない書類が増えることになります。
それは、「プロミスの利用限度額が50万円を超える場合」「プロミスの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合」そして、「最終利用日に使用した収入証明書の発行日が3年以上経過している場合」です。
その場合には、本人確認書類に加えて、収入証明書を提出することを求められることになります。
では、収入証明書は、どのような書類を指すのでしょうか。
プロミスが指定している収入証明書には、「源泉徴収票」「確定申告書」「税額通知書」「所得証明書」「給与明細書」があり、そのいずれか1点を提出することになります。
ただし、提出には、直近に発行されたものということが原則となっていますので、その点には注意が必要です。
また、この収入証明の提出によっては、利用限度額に制限がかかることや提出しない場合には、借入ができないということにもなりかねませんので、申し込み事前に、他社からの借入金額と借入予定金額を合算するといくらになるのかなど、借入金額の整理をした上で申し込みをされることをおすすめします。

借金をまとめると、どんなメリットがあるのか?

複数の消費者金融業者から借り入れをしている方にとっては、利息が高くてなかなか元金が減らず、急なお金の要り用があり、また新たな借金をしてしまう事もあると思います。
もし、1つに借金をまとめられたらどんなメリットがあるのでしょうか?

メリットとしては大きく2つです。
特に大きなメリットは利息が下げられる事。
もう1つは支払い日が1つになるので、毎月何回もATMに駆け込む必要が無くなる事があげられます。
おまとめローンの審査に通れば、このようなメリットがあるのです!

では、利息はどのくらい下がるのか?考えて見ましょう。
多重債務をしているほとんどの借金は、一件あたりの借入額は100万円未満だと思います。
その場合、利息はほぼ18パーセントに近いはず。
利息制限法により、まとめた借金が100万円以上だと最大で15パーセントに下がるのです。
単純に計算して、総額200万円の借金をまとめると、年間で6万円の利息が減ります。
「そんな程度か?」「そんなに減るのか?」と人によって感じ方は様々だと思うのですが、月に5,000円は今まで利息で支払ってお金が自由に使える事にもなるのです。
借金の返済にするも良し、家族でのレジャー費に充てるのも良しですね!

それでは、大手消費者金融業者のおまとめローンを見て行きます。
「アコム」[借換え専用ローン]7.7パーセントから18パーセント(100万円以上は15パーセント)・限度額300万円、返済回数2から162回。
「プロミス」[おまとめローン]4.5から17.8パーセント・限度額500万円、返済回数1~120回。
「アイフル」[かりかえMAX](アイフルを初めて利用する方専用)12パーセント~17.5パーセント・限度額300万円、返済回数1から120回。
「アイフル」[おまとめMAX](アイフルを利用中もしくは過去に利用実績のある方専用)12パーセント?
~15パーセント・限度額300万円、返済回数1~120回。
これらは、最短当日での融資が可能で元利均等返済方式での返済で繰り上げ返済も可能。
ただし、追加の借り入れは出来ません。
「オリックス・クレジット」[VIPフリーローン]3.5パーセント~14.5パーセント・限度額100万円~800万円、返済回数12回~96回
ただし、年収400万円以上の方しか利用は出来ません。
また、おまとめローンとして紹介されていますが、資金使用目的は自由(事業性資金としては不可)で、限度額の範囲内での追加の借り入れも可能。
契約書を郵送・返送する時間がある為、融資まで数日かかります。

借金が総量規制の限度枠になった為に新たな借金が出来ない状況でのおまとめローンを検討しているのであれば、まとめる債務のそれぞれの利息を確認する事です。
例えば、クレジットカードのショッピングでのリボ払いは、10パーセント~15パーセントの利息の設定がほとんどなので、仮に15パーセントの利息でまとめても特にならずに損をしてしまう事があります。
金利は細かくチェックして、より良い方向になる様にまとめる事が大切です。

自己破産による復権は10年かかることもある

自己破産の申立をすると資格制限を受けて、一部の職業に就くことが出来なくなります。
分かりやすい例でいくと金融業界や法律に携わるもので、具体的には弁護士、公認会計士、司法書士、宅地建物取引主任者、質屋や生命保険の勧誘員、警備員などで、会社の取締役や監査役なども含まれます。
ただし、従事できないのは一時的なもので、復権を得ることができれば従事することが可能となります。
自己破産の復権とは人の資格の権利のことを指し、広く一般的には同時廃止によって免責許可を受けることから、大体3~6ヶ月程度で復権することができます。
しかし、条件があり、免責許可を受けられず、さらに同時廃止の決定が認められない場合は、詐欺破産罪に問われないことを条件に長くて10年かかることもあります。
この復権は自動的に行われますが、当然ながら10年は長すぎるという人のために、申し立てによる方法も認められています。
免責許可を受けられなかったけれども、遺産相続などによって借金を完済できたという人に限り、破産人ではなくなるため、裁判所に申し立てることで10年を待たずに復権することが可能です。
しかし、大抵の人は同時廃止によって免責許可を受けることができるので、あまり気にすることなく半年ほどで新たな職業に就くことができます。

自己破産した場合の電気料金の取扱いについて

自己破産をして電気料金が滞納となっている場合ですが、公共料金の場合、税金などと違って免責の対象にはなっています。
法律的には電気が止められる事はありません。
破産法によって自己破産の申し立てを理由に電気の供給をストップする事を禁じているからです。
免責の対象となっているので、一見、支払いができなければ債務は免除されるように見受けられます。
しかし、宣告を受けた後の電気料金は破産債権ではないので、随時電気料金を支払わなければなりません。
滞納をしていると、電気供給約款に基づき電気の供給を受けられなくなる可能性があります。
免責されるのはあくまでも、裁判所から自己破産の開始決定が出されるまでの滞納分になるので、充分注意が必要です。
一例を挙げると、1月から3月まで3ヶ月間電気料金を滞納していて、4月1日に開始決定が出されたとすると、過去3ヶ月分は免責対象ですが、4月以降の電気料金は免責されずに支払わなければなりません。
また、法律で電気の供給をストップする事を禁じられているとは言っても、供給事業社が法律を知っているとは限らないので、その場合、電気を止められてしまう可能性もあります。
従って、結局免責されない状況と実質的には変わらないと考えておく必要があります。

債務整理の流れと手続き後の注意点について

債務整理には、借金の返済支払いを未納のままにしている方や支払いの額が大きくなった事で毎月の生活に影響が出ているといった方が、利用する事で借金の総額を減らす事が出来るといったメリットがあります。
任意整理や個人再生、自己破産といった複数の方法から利用者が自分に合った債務整理を自分で選ぶ事が可能となっています。
債務整理を利用するには、弁護士や司法書士の資格がある方に相談や依頼をする事が必要になります。
依頼をする前の相談や面談で減らす事の出来る額を計算してもらう事が出来たり、生活に負担がかからない返済方法の提示をしてもらえます。
提示された内容に納得が出来た場合に依頼や契約を結びます。
依頼を受けた後には、担当者の方が介入通知を借金をしている金融会社に郵送します。
郵送した書類が届いた後には、一時的ではありますが催促の連絡を止める事が可能となります。
返済額の減額や将来利息の免除といった具体的な交渉や話し合いをする事になりますが、多くの場合は担当者に行ってもらう事が出来ます。
利用者と金融会社の納得する事が出来きる条件がまとまり契約書を作成する事で全ての手続きは終了になります。
債務整理を利用するした後には、返済中と完済してから5年間といった長期間に渡り金融会社のキャッシングやカードローンを利用する事が出来ない等のデメリットがある事に注意をする必要があります。

任意整理でボーナス払いはできる?

ボーナス払いはクレジットカードの分割払いや、各種ローンに組み込むことで月々の返済額を減らし、さらに返済回数を少なくするために非常に有用なものです。
そのため、任意整理の返済計画にも組み込めれば楽になるのですが、実際にできるのかどうか気になる人も多いようです。
結果だけで言えば、返済計画にボーナス払いを組み込むことは可能です。
ただし、ボーナス払いは会社から確実に支給されるのかというとそうではなく、金額が上下したり支払いがないといこともあり得るため信頼性がなく、任意整理の返済計画で債権者から却下されるおそれもあります。
返済が苦しいから最後の手段として利用する任意整理ですから、不確定要素のあるようなものは極力避けて、毎月の返済額をしっかりと支払ってくれることを債権者は望むものです。
そのため、無理にボーナス払いを選択せず、月々の返済を正確に行い、ボーナスによってある程度のお金を貯めてから繰り上げ返済を行った方が確実だと言えます。
そもそも、任意整理では将来にわたってかかるはずの利息をカットしてもらう方法なので、無理に返済期間を短縮する必要はないのです。
メリットがあるとすれば債務者の返済期間が短縮されるだけなので、債権者からすればメリットもデメリットも存在しないので、あまり意味のない方法となります。

破産をすると賃貸借契約はどうなるか

自己破産をすると部屋を追い出されるという噂がありますが、これはデマです。
自己破産をしても、賃貸借契約を解約されるようなことはありません。
もしも賃貸借契約を解約されそうになったら、弁護士などに相談をしましょう。
自己破産をしたことを理由にして賃貸借契約を一方的に解除する行為は違法です。
そもそも、自己破産は裁判所を通す手続きではあるものの、刑事裁判のように公開で行われるものではありませんので、自分で話さない限りはだれかに知られることはありません。
トラブルになることを避けたいのであれば、なるべくだれにも話さないようにするとよいでしょう。
自宅に書類が届いて家族に知られてしまう可能性はあります。
また、マイホームなどの財産は没収されてしまうので、家族にだけは話して理解を得ておきましょう。
自己破産をするとブラックリストに載ってしまうので、保証会社の審査に通らなくなることはあります。
また、すでに保証会社と契約している場合には、契約を更新されないとったトラブルになる可能性はあります。
新しい保証会社を見つけるなり、連帯保証人を用意するなりすることになりますが、いずれの手段もとれない場合には、賃貸借契約を解除される可能性はあります。

債権届出が自宅に届いた!

事業資金が苦しいと言っていた知人に金を貸したら破産手続き開始決定通知が自宅に送られてきたという場合は早急に債権届出を裁判所に提出する必要があります。
破産手続きの申し立てがあると裁判所は申し立てがあった人の資産や債務の状況を詳しく調べます。
財産がある場合は、処分して債権者に配当します。
注意したいのは破産手続きが開始されたあとはこの手続のなかでしか債権回収を行えないということです。
独自に訴訟を起こして債権回収をすることはできませんし、破産手続き終了後に債権の支払いを求めることもできません。
従って、届出期間内に債権者届出を提出しなければ債権は一切回収できなくなります。
もっとも、破産者の財産が乏しい場合は債権届出を提出しても配当が受けられないこともあります。
債権届出を提出するときは債権の存在を証明する資料が必要です。
お金を貸した場合は消費貸借契約書を提出することになります。
なお、手続きの過程では 財産状況報告集会が行われます。
集会では管財人から財産の状況や配当の見込みなどについて説明があります。
配当の状況が気になる人は出席してみると良いでしょう。
ただ、この集会に参加しなくても配当にあたって不利になるということはありません。

借金問題は電話相談可能だと利用しやすいです

借金問題は解決するのが大変です。
専門の知識も必要になり、根本的に解決しないと何時まで経っても解決出来ない悩みなので、借金問題を確実に解決するなら弁護士や税理士に相談をする必要があります。
弁護士の方や税理士の方は専門の知識を持っており、借金関係のトラブルもすぐに解決してくれます。
借金問題は弁護士、税理士に相談をした方がお得ですが、やはり話し辛い内容なので、中々相談しに行けないという方も多いです。
相談しようか悩んでいる方は、電話相談可能な所を選びましょう。
借金問題の相談をする事が可能な所は沢山あり、それぞれ場所によって相談方法も違います。
電話相談可能な所は電話をかけるだけですぐに相談出来るので、初心者の方でも気軽に相談出来ます。
電話相談可能な所によっては、初回相談が無料の所もあります。
このおかげで、取りあえず対応を調べる為に電話相談をして、安心して任せられそうならそのまま借金の問題を解決して貰う、という事も出来ます。
弁護士の方、税理士の方も相談する所によって違うので、絶対にトラブルを解決して貰う為にも、相談する際にはこういった細かい点を比較して、電話相談可能な所に安心して相談するようにしましょう。