債務整理の流れと手続き後の注意点について

債務整理には、借金の返済支払いを未納のままにしている方や支払いの額が大きくなった事で毎月の生活に影響が出ているといった方が、利用する事で借金の総額を減らす事が出来るといったメリットがあります。
任意整理や個人再生、自己破産といった複数の方法から利用者が自分に合った債務整理を自分で選ぶ事が可能となっています。
債務整理を利用するには、弁護士や司法書士の資格がある方に相談や依頼をする事が必要になります。
依頼をする前の相談や面談で減らす事の出来る額を計算してもらう事が出来たり、生活に負担がかからない返済方法の提示をしてもらえます。
提示された内容に納得が出来た場合に依頼や契約を結びます。
依頼を受けた後には、担当者の方が介入通知を借金をしている金融会社に郵送します。
郵送した書類が届いた後には、一時的ではありますが催促の連絡を止める事が可能となります。
返済額の減額や将来利息の免除といった具体的な交渉や話し合いをする事になりますが、多くの場合は担当者に行ってもらう事が出来ます。
利用者と金融会社の納得する事が出来きる条件がまとまり契約書を作成する事で全ての手続きは終了になります。
債務整理を利用するした後には、返済中と完済してから5年間といった長期間に渡り金融会社のキャッシングやカードローンを利用する事が出来ない等のデメリットがある事に注意をする必要があります。