任意整理でボーナス払いはできる?

ボーナス払いはクレジットカードの分割払いや、各種ローンに組み込むことで月々の返済額を減らし、さらに返済回数を少なくするために非常に有用なものです。
そのため、任意整理の返済計画にも組み込めれば楽になるのですが、実際にできるのかどうか気になる人も多いようです。
結果だけで言えば、返済計画にボーナス払いを組み込むことは可能です。
ただし、ボーナス払いは会社から確実に支給されるのかというとそうではなく、金額が上下したり支払いがないといこともあり得るため信頼性がなく、任意整理の返済計画で債権者から却下されるおそれもあります。
返済が苦しいから最後の手段として利用する任意整理ですから、不確定要素のあるようなものは極力避けて、毎月の返済額をしっかりと支払ってくれることを債権者は望むものです。
そのため、無理にボーナス払いを選択せず、月々の返済を正確に行い、ボーナスによってある程度のお金を貯めてから繰り上げ返済を行った方が確実だと言えます。
そもそも、任意整理では将来にわたってかかるはずの利息をカットしてもらう方法なので、無理に返済期間を短縮する必要はないのです。
メリットがあるとすれば債務者の返済期間が短縮されるだけなので、債権者からすればメリットもデメリットも存在しないので、あまり意味のない方法となります。